京都の七五三・神前挙式・十三参り・初宮は、石清水八幡宮 清峯殿(研修センター)

七五三Shichigosan

お子様がすこやかに成長されるよう祈願する習わしです。

七五三のいわれ

「やわたのはちまんさん」の名で親しまれ、地元はもちろん全国各地からも多くの参拝者が訪れる石清水八幡宮では、10月1日より11月末日まで七五三詣が行われています。
七五三とは、三歳・五歳・七歳という節目の年に、神様に子供の成長を感謝し将来の幸福と長寿を祈願する行事です。
古来、男女ともに三歳になると前髪をたくわえ始める「髪置」、五歳の男児は初めて袴を着用する「袴着」、七歳の女児は童子の着物の付紐を取り、帯を使用し始める「帯解き」という儀式が各家庭で行われていました。
これを由来として、明治時代から神社にお参りし、子供の成長と幸福を祈願する七五三詣が定着しました。
また、11月15日という祝い日の起源は、徳川五代将軍綱吉が子の徳松の祝儀をこの日に行ったことに由来するとも言われています。

便利な七五三パック

お申込み・お問い合わせ

お電話、又は申込みフォームより、参拝日と時間をお申込み下さい。

石清水八幡宮研修センター075-983-3983

(お電話の際は、番号をお間違えのないようお願いします。)

  • お問合せはこちら
  • お申込みはこちら
  • FAX申込み用紙

※当サイトの(お申込みはこちら)からお申込み頂いたお客様には、当日清峯殿より粗品を進呈します。

  • 選べる前撮りロケプラン
  • きらめきフェアー開催